皆さんの周りに女友達が異常に多い男っていませんか?その男はどんな男でしょうか?結構意外な奴が女友達が多かったりしますよね?何故彼らは女友達が多いのでしょうか?

今回はこの辺にスポットを当てて述べていきます。女友達が多い男と友人になれればそこからかなり多くのチャンスが転がっています。そんな方法を学んでいきましょう。


1.警戒させない。

女性の警戒心を解く術が身に付いている男は女友達が多い男でしょう。いったいどうすれば女性に警戒されずに友人関係になれるのでしょうか?一つ目が褒めると言う事です。

二つ目が清潔性があると言う事です。三つ目は男として見られないと言う事です。一つ目は褒めると言う事ですがただ「奥さんキレイですね」といっても誰も話なんか聞いてくれません。

ポイントはその部分を褒めると言う事です。二つ目は言うまでもありません。三つ目はこれは女を落とす方法を実践する事で変える事が出来ます。


2.LINEを使いこなす。

女友達が多い男はLINEを使いこなせています。例えばスタンプで女子受けの良いスタンプを持っています。それを的確に言いタイミングで使用してきます。

言葉も丁寧です。その紳士さに女性は惹かれるのであってそれはとても大事な武器になります。女友達が多い人は下ネタ投稿などしません。

LINEでも無理に電話や相手に写真などを要求せずに比較的じっとして女を落とす方法を実践してきます。そのくらいの余裕が多くの女性を惹きつける魅力なのです。女友達が多い男はLINEを使いこなせています。


3.メールを使いこなす。

女友達が多い男はメールもお手のものです。良いのが特にタイミングです。メールは時として送りっぱなしになってしまったりします。

女友達が多い男は相手が落ち着いた時に送る事が出来ます。それは見計らったのようなタイミングの良さです。これが失敗するとメールでのやり取りはなかなか続かないものになってしまいます。

相手にウザいと思われない程度にマメでそうして相手を気遣ったメールはその女性の心を掴んで離しません。いつしかそこから恋が生まれてなんて事もあるかも知れません。それが女を落とす方法です。


4.誰でも対等に扱う。

基本女友達が多い男は誰に対しても態度がそれほど変わりません。その平等さに女性は心を惹かれるところでもあります。それはまるで大きなものに包まれたかのような感覚を彼女達に与えます。

友人との話になっても「○○君って誰に対しても変わらないよね。」と噂にでもなればその名声は天にも昇るところです。それがさらに女友達を増やす事になります。この辺が上手いのです。

何も特別なものを持っていなくてもモテると言うのはこういう訳です。女友達が多い男は誰にでも対等に扱う事の出来る男です。それが大きな違いを生みます。


5.女友達が多いと出会いに苦労しない。

女友達が多いと出会いには苦労する事は無いでしょう。何故なら紹介の紹介でどんどん広がっていくからです。しかし束縛系の彼女と付き合う事があったりするとこの関係が続けられないなどの弊害が出てきます。

またそういう男には束縛の激しい女が寄ってくるのです。基本沢山から選べますからそういう女を選ばなければいいのですが難しいもので寄ってくるだけの女にはこんな爆弾を抱えていたりします。付き合う前に決めておいても彼氏のケータイを覗くような子です。

この辺でバランスが取れているとも言えるのですが今までのコミュニティを失う事は相当なダメージです。でも女を落とす方法を身につけておけばそんな女は振って新しく付き合えばいいのでしょうがこの辺りが難しいところです。しかし出会いには苦労しません。

  • 慎重さが重要な女友達と浮気するとっておきの方法
  • 慎重にいこう!女友達の上手な誘い方
  • 関係になれば非常にいい!女友達とSEX
  • 簡単なようで難しい!女友達を口説く
  • 友達とセックスをする有効な誘い方
  • 女友達が多い男に学ぶ!女友達を作るコツ
今すぐヤれる女が見つかるアプリランキング

職場や学校で出会いがない。出会いを作る暇もなければ、恋愛をするのも面倒くさい。。。。でもエッチはしたい!
そんなわがままなアナタのために、今すぐやれるアプリをランキング形式にまとめました!今すぐやれるアプリは、誰でも簡単にエッチの相手を見つけられるウソのようなアプリです。ランキングのアプリはどれも当サイトの運営チームが自らの体験から見つけ出した本物ばかりです。

おすすめの記事
タイプ別攻略法
大人の魅力満載の熟女美魔女を落とす方法を知りたくありませんか?熟女には熟女なりの落とし方と言うのがあります。今回はそんな熟女の彼女を作る方法...
女友達を落とす方法
女友達を落とすのならば、女性が好きな男性になるのが一番良い方法です。そんな方法があるのなら誰でもやってる!などと思ってはいけません。 実はや...